2017年8月10日木曜日

測って測って測りまくる。利活用に必須!実測調査と現況図面の作成

空き家の活用のご相談をお受けするようになって久しいですが、築年数の古いものだと設計図面がほとんど残っていない場合が多いです。

改築して間取りを変更したり使い勝手を向上する、あるいは耐震性を上げるための工事を施そうにもまずは設計図面がないと計画が立てられません。

とくに民泊への転用など関連する役所への申請図書の提出が必要になる利活用の場合は、正確な現況図面が必須となります。

そういった事情からか最近、よく築年数の古い住宅の現場実測と現況図の作成の業務をさせていただいております。






 木製の竪格子など細工の細かい、梁や柱が現しになった古民家は現場での実測調査に時間がかかりますので2~3日現場調査日の確保をお願いしています。30坪程度のハウスメーカーや建売の戸建て住宅ならだいたい丸1日で調査が終わります。

 平面図・立面図・断面図と作成するのに7~10日程度いただくことが多いですね。

 ホームインスペクションのそのあとに手を加えての息の長い物件活用をお考えの際にはあわせて現況図面の作成もご検討ください。

※完成した図面の参考例はこちら